Calender

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

Categories

Archives

Recent Entries

w closet×JUGEM

-

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2012.03.24 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

基礎体温測定不妊症

肝欝とストレスって その4





東洋医学的な見方で、この時期を観察してみたい。



人が病気になるのには

内因(正気の虚損)と外因(邪気の侵入)

の条件が必要であると考えられている。



つまり体力が弱くなると病気の侵入を許し病気になるのである。



『霊枢』の百病始生(あらゆる病気の起こり始め)編には

「……疾風暴風に逢いて、病まざる者はけだし虚なき故に

邪独り人を傷(やぶる)あたわず。

これ必ず虚邪の風とその身形とともに両虚相得るに困りて、

すなわちその形に客す」と述べられている。


すなわち、身体が虚してくるといろいろな病気にかかりやすくなる。


この時期になると、すべて「虚」になり五臓六腑のどこかに

異常を生じるようになる。


動悸、焦りと不安、驚きやすい、鬱状態、食欲不振(心脾両虚)になり、

さらに寒症が加わり、

四肢の冷え、性欲減退、鬱状態、だるくなる、

とかく横になりたがる(脾腎陽虚)などの症状が現れてくる。



東洋医学的には「虚症」の状態である。

臓器としては、肝、腎、心、脾の虚が多いように思われる。



面白いことに、以上のストレス説と同じようなことを

2000年以上前に書かれた医学書『黄帝内経霊枢』の

百病始生編で詳しく述べられている。



いろいろな病気の原因はみんな

風や雨、寒さ暑さ、乾燥や湿気、感情の起伏などの、

いわゆる身体に対するストレスが積り積もった結果として

病気になるといっているのである。


何もノーベル賞をもらったセリエのストレス学説を待たなくても、

東洋医学ではとっくの昔に、

最も大事な病気の原因として

精神的な原因や自然界のあらゆる変化を重視していたのである。

 

 東洋医学見聞録より

sekimura鍼灸院

  • 2010.08.21 Saturday
  • 09:20