Calender

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

Categories

Archives

Recent Entries

w closet×JUGEM

-

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2012.03.24 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

卵子と体づくり

骨盤内の血流を良くすれば卵が採れるようになる

 「骨盤内の血流を良くすれば卵が採れるようになる」
「ドクターにこう言われてsekimura鍼灸院に鍼灸治療を受けに来ました。」

最近、ドクターからのご紹介や、学校関係などの専門職の方からのご紹介が増えています。

ありがとうございます。


実際、「骨盤内の血流を良くすれば卵が採れるようになる」のです。

それには、いくつか当院独自の方法があります。

あと、fsh,LH両方高い場合は首から上の血流を良くしてあげることが大事です。

その他、着床に関しては、たとえばKLCでGDの方はみなさん結構あきらめていますが、ほぼ全員が着床しています。
KLCは培養技術がいいのでしょう。鍼灸で母体を着床体質にすると、それに応じた結果が出ます。
(問題はそのあと流産する方がおられるのですが・・・これは卵質の問題なので鍼灸のテクニックのみでは解決できず、食生活や胃腸、排泄がおおきく絡んできます。)

いま、卵質の問題と言いました。

sekimura鍼灸院の患者様は体外受精を何度か経験して、受精しなかったり、分割しなかったり、着床しなかったりした方がほとんどです。

ある専門病院で数ヶ月前、
「あなたは卵質が良くないから、うちでは・・・」
「もう方法がないからご主人とよくお話をしてください・・・」
などと言われた・・・
そんな40歳台の方が最近自然妊娠され、いまも順調です。

卵質ってなんなのでしょう。

体外受精は外で光を当ててしまうので、遺伝子の異常が起こる可能性もあります。

いい卵子であっても、そうなることもあり得るのです。

ですので、個人的には全面的に体外受精は賛成というわけではなく、

その人に合った病院と治療法(ステップダウンも)を一緒に選ぶ参考資料を整え、

食生活・運動・排泄などのお話しがきちんとできる治療院でありたいと準備しています。




患者様とはいろいろお話をします。
実際、僕たちのしている治療が「説明できる範囲」とそれを超越した「理解不可能な気の分野」と入り混じるので、普段は説明できる範囲のお話しがメインになります。

姿勢一つでも百人百様、その人に合う治療は別の人には合わないのだけれど・・・。
患者さんには頭で考えてもらうのではなく、感覚で感じてもらうことが出来ればもっと本当のところに手が届くのではないかと思いますが、その説明をしても鶏が先か卵が先かのようになってしまいますね。

ただ感じるのみ。

むかしは、感覚を鍛える場所がたくさんありました。
今は暗闇は無くなり、ほぼ視覚による情報に溢れています。

電気のせいです。生活は便利になりましたが、失ったものは大きいです。
自分で努力すれば感覚は鍛えられるのですが、気付けば自然と鍛えられていたという体得の仕方は無くなりましたね。

華道、茶道、剣道など道のつくことは「繰り返し」を続けることで、感覚を研ぎ澄ますのです。わたしたちもおなじです。

毎日頭で考えるのではなく身体を使い、感覚を呼び起こしましょう。

毎日繰り返し、良い飲食物を採り、身体を動かし、同じように腹式呼吸をし、家での宿題のお灸をし、毎日を一所懸命暮らし、感謝し感謝される生活を目標とすればいいのです。

運動などは必要性を理解することは簡単でも実施するとなると困難が伴います。
習慣にしてしまえばわけなく出来てしまいます。

がんばってください。
出来る限りのお手伝いを致します

  • 2010.07.20 Tuesday
  • 17:48